高校認定の独学取得は可能?

高校認定は中学から高校1年生で習う程度の内容で試験が行われます。一見するとそこまで難易度は難しくないように感じますが、その代わり科目も多数で範囲が非常に広くなってしまいます。

独学ですべての科目を合格して、高校認定を取得することができるのかどうかについて、全国の方々にオンラインでの指導にも対応している江原予備校が解明していきます。

独学での合格を目指している方や、予備校などの利用を考えている方は内容を確かめた上でじっくりと考えてみましょう。合格することで様々な場面で高卒者と同じ権利を取得することができる試験だからこそ、より確実に合格できる方法を選ぶことが大切なのではないでしょうか。

全国対象のオンライン受講もある高校認定を独学取得できるか解説!

独学で高校認定を目指す男性

高校認定を合格するための対策として、全国各地でオンライン指導が行われています。もちろんオンライン指導を受けずに、独学の道へ進むことも可能ですが、高校認定は本当に独学でも合格することができるのか、様々な視点から解説していきます。

難易度から考えてみよう

高校認定の難易度は教科書に出るような基本的な問題が多いため、そこまで難関な試験だとは言われていません。ところが合格率で見てみると、4割しかありません。なぜ内容的には難しくないとされている試験で、合格率が4割になっているのでしょうか。それは高校認定ならではの範囲の広さにあります。

全体的な難易度はそこまで高くないものの、8から10科目という多くの科目を学習しなければならず、全てに対応しきれない方が多いからです。数学や英語などは特に基礎的な部分をしっかりと押さえていなければならず、中学校から高校までの勉強を見直さなければいけない点は、独学を難しくしているポイントと言えるのではないでしょうか。

時間的な問題から考えてみよう

学習時間に多くの時間をかけられる方であれば、独学でも合格を目指せるかもしれませんが、働いていたりお子さんがいたりすると、なかなか学習する時間も取れなくなってしまいます。

その中で計画的に苦手科目を克服しながら勉強していくのは、一人だけの力ではなかなか難しいのではないでしょうか。その点、決められた時間の中で、学習計画を立てて指導してくれる予備校などの講師の存在は、学習を効率的に行うサポートになります。

また採点をする中で、苦手な部分や得意な部分もどのように学習していけばいいのかアドバイスをもらうこともできるため、どのように勉強をしていけばいいのかわからずに諦めていた方にもおすすめです。

独学するべきか予備校を活用するべきか

独学するべきか、予備校を活用するべきかはっきり言うと、人によって変わってきます。基礎的な部分がわかっていたり、過去問題の分析などが一人で行えたりするような人は独学でも合格を目指すことができるでしょう 。

ですが、どこまで遡ってどのような学習をしていけばいいのかわからなかったり、学習計画を立てるのが苦手だったりする方は、予備校の活用をおすすめします。

もちろん時間をかけて学習をすれば自分の力でどうにかなることもあるかもしれませんが、効率的にバランスの良い学習を行う際には、やはりプロのアドバイスを聞いた方が勉強のコツなども、早く掴んでいくことができるようになるでしょう。

少しでも勉強に不安があるという方は、わざわざ通わなくてもオンライン授業などが用意されているため、少しでも合格の確率を上げる手段として予備校の活用を検討してみてはいかがでしょうか。

高校認定で合格率や勉強に不安を感じる方は予備校がおすすめ

江原予備校の授業

高校認定は独学で合格を目指すことができるのかについて、全国の方を対象にオンライン授業で指導をしている江原予備校がお伝えいたしました。

予備校の活用を強制するというわけではありませんが、合格率が4割だということを考えると、学習に少しでも不安を持っている方は独学よりも予備校などを使った学習をおすすめします。一科目ごとは難しくない内容でも、8科目以上の学習を行わなければならない部分にはご注意ください。

江原予備校では全国の方を対象にオンライン授業で高校認定取得をサポートしています。高校認定に特化したカリキュラムを用意した予備校で、しっかりと対策を取っていきたい方はぜひ、江原予備校への入塾をご検討ください。

全国で受けられるオンライン授業で高校認定取得をサポートする江原予備校

塾名江原予備校
代表野田佳裕
住所〒862-0950 熊本市中央区水前寺3-1-3
TEL096-382-6761
FAX096-385-2444
URLhttps://kogen-online.com/

PAGE TOP