高校認定の内容と合格基準

高校認定は、高校を実際に卒業しなくても高卒者と同じ学力を保持していることを証明できる資格です。

全国でオンラインを活用した学習なども行われている高校認定は、どんな内容で行われているのか、合格基準はどれくらいに設定されているのかについて、オンライン講座を開いている江原予備校が解説していきます。

いざ高校認定を取ろうとしても、どんな内容の学習が必要になるのか、どれくらいの点数を目指して勉強していけばいいのか目安がないと、わかりづらい部分があるかと思います。

事前に高校認定の詳細を知っておくことで、学習もスムーズに行えるようになるでしょう。心の準備をしておく意味でも、情報をつかんでおくことをおすすめします。

全国を対象にオンライン受講もある高校認定の内容と合格基準をお知らせ

オンライン受講を案内する女性

江原予備校でもオンライン授業を使って学習できる、高校認定の内容と合格基準の基本的な情報から詳細までお届けします。どんな学習をするのか、具体的なイメージを持ちながら高校認定にチャレンジしてみましょう。

高校認定の内容はどんなことをするの?

高校認定は毎年8月と11月に文部科学省によって全国で実施されている試験です。問題形式はマークシートで行われ、高校の教科書に掲載されているような基本的な内容が扱われます。

数学や国語、英語など8から10科目の試験が用意されていますが、高校に通ったことがあるといった場合には、科目免除になるケースもあります。高校の授業で習うような内容を理解していれば合格できる試験でもあるため、しっかりと計画的に学習を行っていれば合格も難しくありません。

高校に通う必要もないため、生徒間での年齢差が気になって高校入試を諦めてしまっていたという方も、高校認定を活用してみてはいかがでしょうか。

高校認定はどんな時に役に立つの?

中卒か、高卒かという部分ではどうしても中学卒業までの学力程度しか保持していないと判断されてしまうため、就職活動においても差が生まれてしまう可能性も捨てきれません。

そういった時に高校で習うものと同じ内容の高校認定を取得することができれば、中卒者であっても、高卒者と同じ学力を持っていることが証明できるため、アピール材料としても提示できるようになるでしょう。

また試験に合格することで、専門学校や短大 、私立に公立、国立などの大学を受験する資格を得るだけでなく、各種国家試験の採用試験や受験資格を目指す時などにも大いに役立ちます。

高校を卒業しなければ資格が得られなかったようなこともできるようになるため、様々な大学進学や資格取得を目指したいという方は、高校認定の取得を目指してみてはいかがでしょうか。16歳以上であれば誰でも挑戦することができます。

高校認定で設定されている合格基準

高校認定の合格基準は100点満点中、40点程度であれば人数制限なく合格できるため、試験の半分以上は正解できるほどの学力が必要になります。

1回の試験では40%程度の人が全科目合格しているため、試験を見据えた学習を行っていればそこまで難しい試験ではありません。また、科目ごとに分けて試験を受けることもできるため、1度で全ての試験合格に自信が持てないという方は、何度かに分けて受験することも可能です。

年に2回挑戦ができるので、焦らずに自分のペースで合格を目指して勉強をしていきましょう。個人での勉強だけでは不安だという方は、全国の方を対象にオンライン授業も開講している江原予備校をお役立てください。自宅にいながらプロの指導を受けて効率的に学習を進められます。

高校認定はオンライン講座を受けながら合格が目指せる

高校認定オンライン講座で学ぶ人

高校認定の内容と合格基準について、オンライン授業も行っている江原予備校が解説しました。

高校で習う内容の試験を乗り越えることで、高校卒業と同程度の学力が認められる高校認定は、全国の方が場所を問わずに受講できる江原予備校のオンライン講座などを利用しながら学習を進めてみてはいかがでしょうか。

あくまでも高校の教科書に掲載されている内容の試験となるため、高レベルで専門的な知識が必要になるような問題はありません。苦手科目に注意しながら、バランスの良い学習を行っていれば合格を目指せます。

全国で受けられるオンライン授業で高校認定の勉強をするなら江原予備校

塾名江原予備校
代表野田佳裕
住所〒862-0950 熊本市中央区水前寺3-1-3
TEL096-382-6761
FAX096-385-2444
URLhttps://kogen-online.com/
PAGE TOP