看護専門学校の難易度

看護師や保健師などを目指すことができる看護専門学校は全国に数多く存在しています。

学校によっても受験難易度が変化することもありますが、おおよその合格するために必要な学力や試験の難易度などについて、全国規模でオンライン講座を開催している江原予備校が情報をお届けします。

これから看護専門学校を目指す方はもちろんのこと、将来的にそういった道へ進みたいと考えている方は、早めに難易度や必要な学習などについて情報を集めておくといいでしょう。自分がどの程度の学力を持たなければならないのか具体的な目標を持つことで、計画的に先を見据えた勉強をして行く準備を進めていきましょう。

全国共通!看護専門学校を目指すなら入学するための難易度を知っておこう

看護専門学校イメージ

看護専門学校を目指すために必要となる、偏差値や試験の難易度など、進学する上での難しさなどの情報をまとめていきます。自分の現状で合格できるのか、どのような学習が必要なのか考えてみましょう。

看護専門学校の難しさを知りたいなら過去問題を参考にしよう

自分が受けようとしている専門学校の試験難易度を知るためには、過去問題を見てみることが近道になります。看護学校によって難易度が高いものから低いものまで様々なため、どれほどの試験でどれくらいの問題を解ければいいのか意識することが大切です。

看護専門学校では大抵の場合、入試問題は5割ぐらい取ることができれば合格範囲と言われているため、6割から7割を目指した学習をしておくといいでしょう。ですが、偏差値などは大きく変動していくため、ある程度は余裕を持って試験に挑めるほどの学力が欲しいところです。

偏差値が低い=試験の難易度ではない

看護専門学校の試験では、偏差値が低いからといってテストの難易度が低いわけではありません。どんな学校でもまずは3年間分ほどの過去問題を確かめてみてください。偏差値はあくまでもその難易度の試験で、どれぐらいの点数が取れたのか数値化するものであるため、偏差値を過信するようなことはしないようにしましょう。

数学では三角比や場合の数、関数などの問題が比較的多く出題される傾向があるため、試験の特徴をつかんで効率よく学習していくことも大切です。オンライン講座では過去問題を取り扱っている予備校などもあるため、より詳しい情報を知りたい場合は、予備校の活用も考えてみてはいかがでしょうか。

難易度の高い学校を受けるなら面接対策もしっかりと

看護専門学校などの試験が難しい部分は何も学力だけではありません。看護学校を受験するためには面接も行われるため、志望動機はもちろんのこと、コミュニケーション力や人間性といったところも評価されます。

医療に関わる人材を育成する場所だからこそ、どのような目標を持っているのか、どんな考え方をしているのかなどという部分は、信頼を得るためには重要な部分となってきます。

人助けの仕事をしたい、他の職業と比べて安定していたからなどというありきたりな回答ではいけません。自分自身だからこそ感じた看護師になりたい理由を述べられるようにしていきましょう。筆記テストだけではない部分が、より看護専門学校の難易度を高くしているのかもしれません。

看護専門学校の入試にお困りの際には、全国の方を対象にオンラインの看護学校講座なども開講している、江原予備校までお気軽にお問い合わせください。

オンライン講座も視野に入れて筆記テストと面接の対策をしていこう

看護のオンライン講座を受ける男性

看護専門学校の難易度について、全国の方を対象にオンライン授業を実施している江原予備校が情報をお届けしてきました。

学校によって難易度にも変化があるため試験勉強などはそれぞれ対策が必要になりますが、過去問題や面接などの対策法の指導可能なオンライン講座などの利用も視野に入れて、自分にとって最適な学習方法を考えていきましょう。点数と人間性の両方が求められる難易度の高い試験だからこそ、いかに事前準備をして志を持って挑むことができるかが、合格するためには重要なポイントとなるでしょう。

江原予備校は看護専門学校に進学したい方向けに、オンライン授業を通して全国の方を対象にサポートしています。確実に看護専門学校合格を目指すなら、江原予備校の授業を受けてみませんか?

全国で受けられるオンライン授業で看護学校にも対応している江原予備校

塾名江原予備校
代表野田佳裕
住所〒862-0950 熊本市中央区水前寺3-1-3
TEL096-382-6761
FAX096-385-2444
URLhttps://kogen-online.com/
PAGE TOP